葬儀の実態はいかに・・・千葉編

葬儀にも様々なかたちがあります。千葉でもいろんな葬儀が行われるようになってきました!

千葉をはじめ、全国で行われている葬儀の形について

葬儀にはいろんな形があります。

昔は葬儀と言えば自宅で執り行われるのが多かったのですが、今は様々な形があり、選べるようになってきました。

千葉を始め、全国で行われている葬儀の形についてまとめました。

●多様化する葬儀の形

昔は一般葬といって遺族や親族だけでなく、職場関係者や知人、友人も一緒に見送る形がほとんどでした。

今もこの形を選ぶことが多いのですが、密葬や家族葬、一日葬、直葬などを選ぶ家も増えてきています。

●会場によっても選べる葬儀

葬儀会場も昔は自宅がほとんどでしたが、今は自宅の他に斎場での葬儀やセレモニーホール、会館、お寺、教会などいろんな会場を選べるようになりました。

千葉でも、自宅以外の斎場やセレモニーホールでの葬儀が増えているようです。

●事前に決めておくと良い

葬儀は突然やってくるものです。

その時になって初めてどこで葬儀をするかどんな形にするかを考えている余裕はありません。

ですから事前に葬儀はこんな形にして欲しいというような希望を家族に話しておくと良いです。

こんな話を家族でするのはタブーだ、縁起でもないと言われそうですが、とても大事なことなのです。

何も決めていなくていざ葬儀となった時、全くわからなくて葬儀社の言いなりになっていたらとんでもないお金がかかったというトラブルもあります。

家族全員で、どのような葬儀にするか話し合っておくといざという時に慌てません。

今は事前相談を受け付けている葬儀社もたくさんありますので、千葉の葬儀社に相談をしておくのもいいかもしれませんね。