葬儀の実態はいかに・・・千葉編

葬儀にも様々なかたちがあります。千葉でもいろんな葬儀が行われるようになってきました!

最近はこんな葬儀が多くなってきている。千葉編

以前は葬儀と言うと決まった形がありましたが、今はいろんな形式で行われるようになりました。

故人の希望や、遺族の希望によってあまり大きな葬儀を行わないところが増えています。

これは全国的にその傾向で、東京や千葉でも同じのようです。

●最も多い形式は

日本で最も多い形式は、仏式葬儀です。

これは昔も今も変わっていません。

日本人の葬儀はこれ、という感覚があるようです。

●最近多い家族葬

特に最近多くなってきたのが、家族葬という形です。

千葉でもこのような形式をとるところが増え、葬儀社でも家族葬パックというようなものが出てきました。

家族葬というのは、遺族だけによる葬儀、遺族と親しい人数人だけの葬儀と考えられていて、故人のきょうだいは家族になるのか、どの範囲の親族まで知らせるのかは家族で話し合っておく必要があります。

●家族葬を行う時の注意

家族葬を行うと決めたのなら、隣近所や親せきにはその旨を伝えておくようにし、参列者が増えないようにしなければなりません。

また、香典や供花を辞退するのならそのことも伝えておくようにしましょう。

●葬儀社に相談を

家族葬にすると決めたら、その段取りは葬儀社に相談すると良いでしょう。

家族葬にする旨の通知の仕方や葬儀の流れなどもきちんと教えてくれます。

葬儀はそう何度も経験するものではありませんので、わからないのが当然です。

ですから信頼できる葬儀社を見つけておき、相談しながら進めていくと良いでしょう。

家族葬にしたら親せきとトラブルになったという話もありますので、葬儀社にお任せするところはした方が良いでしょう。

なかには、こういったトラブルもあります。

関連記事:「夫の実家の墓に入りたくない」どうしたらいい? お墓Q&A |dot.


Categorised as: 千葉の葬儀とは

Comments are disabled on this post


Comments are closed.