葬儀の実態はいかに・・・千葉編

葬儀にも様々なかたちがあります。千葉でもいろんな葬儀が行われるようになってきました!

公的な葬儀場が多い千葉の特徴はどんなところ?

葬儀場には、公的斎場と民間斎場があります。

公的斎場は地方自治体が運営母体となっていて、印鑑斎場は民間企業が運営しているのが違いです。

公的斎場には火葬場が併設されているところが多く、便利なので利用希望者が多いと言われています。

●千葉の公的斎場は

千葉には公的斎場が比較的たくさんあります。

千葉の公的斎場には、すべて火葬場が併設されています。

東京などでは、公的斎場でも火葬場が併設されていないところがありますが、千葉ではすべて併設なので便利です。

●代表的な公的斎場

千葉で代表的な公的斎場は、市川市斎場、浦安市斎場、馬込斎場、印西市斎場、さくら斎場などがあります。

千葉市など他にもいくつかありますが、これらが代表的な公的斎場といえるでしょう。

●公的斎場の特徴

公的斎場の特徴は、先ほどから言うような火葬場が併設されているために葬儀場から移動する必要がないこと、使用料がその市の住民だと格安であることなどがあります。

そのため順番待ちになることが多いようです。

その市の住民でなくても公的斎場は利用できますが、使用料が割高になります。

これは全国どこでも同じですね。

●費用がかなり省ける

公的斎場だと、使用料が安いこともありますが、火葬場へ移動しなくていいのでその移動費用も削減できます。

火葬場が併設されていないとマイクロバスなどをチャーターして移動することになりますので、その費用がかかってきます。

このようなことから利用希望者が多いと考えられます。

千葉で葬儀を考えているなら、公的斎場を第一候補としておくと良いでしょう。


Categorised as: 千葉の葬儀について

Comments are disabled on this post


Comments are closed.